ジャグラーの勝ち方を考える上でグラフ、履歴、ボーナス回数はどう見るべき?

Pocket

今回はタイトルにもある通りジャグラーで勝つためには

グラフや履歴ボーナス回数などの台データを見たほうが良いのかについて書いていこうと思います。

皆さんも経験あると思いますが、

よくジャグラーを打っていると隣の空き台に人が来てグラフや履歴を見てその台を打ち始めたり、または打つのを辞めたりするのをよく目にしますよね。

また、自分自身もグラフ、履歴などの台データをポチポチするという人も多いと思います。

人によって

・ボーナスの回数

・合算

・前日の履歴

・ハマり

など見る項目はまるで違うと思います。

僕もよく台データを見るので、その際に勝つためにはどのような所を見ているのか話していきたいと思います。

最初



まず最初に見るのが「ボーナス確率」ですね。

やはり、 一番設定に関わってくる部分なのでレギュラー確率を中心にみて

ボーナス確率が悪い台はまず打ちませんね。

その際に前日、前々日の履歴も見てその台が

据え置きぽいのか、リセットぽいのかも

ホールの傾向と合わせて見てみると精度が上がると思います。

その次



その次に見るのが、「差枚数とグラフ」です。

こちらは以前の記事でも少し書きましたが、この2つを見て「ぶどうの数字を逆算」します。

そして、その数値が自分が想定している数値ぐらいかそれ以上なら、打ってみる価値はありますよね。

逆に極端に悪ければ、打たないという選択肢もあるし、打つ場合にも仮に低設定だった時の見切りが早く出来ると思います。

最後に



そして、最後に見るのが「履歴」ですね。

スポンサーリンク


こちらは既に打ち始めてから見ることが多いのですが、あくまで参考程度にしか見ません。

あまり見なくて良いとは思いますが

例えば

マイジャグラー3で合算1/110の台でビッグとレギュラー1:1の台があった時に

店の傾向にもよりますが、

設定4.5でも1/110くらいになることは多々ある事なので

この数字だけで設定6だとは断定出来ませんよね。

その時に履歴を見てみると多少ですが、

設定6かどうか判断出来る場合があると思います。

同じ合算1/110でも途中で700ハマりや500ハマりが複数回ある場合などはただ100ゲーム以内での当たりが多く引けただけであって、

実際に設定は4だったりすることがあると思います。

逆にほとんどハマりがなくコンスタントに出玉が増えている合算1/110の方が設定6の確率はまだ高いと思います。

ただ、設定6だからといって700ハマりや800ハマりしないということはないので、

あくまでハマりが大きい方が設定が悪くなりがちだというぐらいの認識で良いと思います。

この考え方は根拠が乏しいのであまり参考にならないかもしれませんが、

結局何を言いたいのかと言うと

履歴を見ることで合算だけに惑わされずに

中間設定や低設定を打つ時間を極力短く出来るようにしようという事がわかってもらえたらと思います。

まとめ


グラフや履歴などの台データは見るべき

僕が考える優先順位としては

最初に「ボーナス確率」を見て

その台が据え置きか、リセットかをある程度でいいので前日前々日の履歴から予想して

グラフ、差枚から「ぶどう確率」を逆算して

参考程度に「履歴」を見る

という流れで問題無いと思います。

全部が全部毎回やることは難しいと思いますが、ここまで上げたことを意識して是非ジャグラーを実践してみて下さい。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください