ジャグラーの勝ち方において初心者の1000円でBIGを引いて即辞めは有効?

Pocket

今回はタイトルの通りジャグラーの「1000円でBIGを引いたら即辞め」が有効かどうか初心者にわかりやすく勝つという視点から考えて行こうと思います。

この1000円即辞めというのは割とよく聞く言葉ですよね。

自分も初心者の友達とパチンコ、スロットの話などをするときに「こないだジャグラー打って1000円でBIG引いて即辞めしてきた」という話をよく聞いたりします。

皆さんも割とこのような話を聞いたり、又は自分が話したりすることがあるのではないのでしょうか?

この時にいつも僕が思うのは「ジャグラーと上手く付き合う上ではとても良い方法だな」と思います。

しかし、それと同時にそのやり方では長い目で見た時に勝ち越すのはほぼ不可能に近いと思っています。

なぜ、1000円でBIGを引いたら即辞めが勝つ事が出来ないのか

まず、千円でBIGを引いて即辞めすると等価交換の場合5000円ちょっとのプラスになりますね。

これを毎回続けることが出来れば、全く困りませんけど実際そんなことは不可能ですよね。

皆さんもわかる通りたまに千円でBIGを引くことがあってもほとんどの場合千円では引けません。

アイムジャグラーのビッグ確率を例にすると

設定1~6でビッグ確率は

約1/287~約1/268で単純計算でも平均の千円35回転回るとして約8000円かかってしまいます。

これらの事から千円でビッグを引くことはあっても容易ではないことがわかります。

どのようにすれば勝てるようになるか


ここまで書いてきましたが、結論から言うと[高設定を打つ]しかありません。

やはりジャグラーを含むパチスロで勝つにはこれに尽きます。

いくら千円でBIGを引く日があって勝つことがあっても結局は試行を重ねていくとパチスロは確率の機械なので設定1~6の値に収まってしまいます。

なので客側がプラスとなる確率である設定4~6を打っていくしかないのです。

イメージがつきづらい人もいると思うので、アイムジャグラーの設定1と6の当たり確率を書いて行くと

設定1で約1/176

設定6で約1/134

となっておりこれだけを見てもいかに差があるかわかると思います。

しかし、これが難しいのです。

読んでくれてる人の中にはそんなことはわかっているけど高設定なんか自分の行くホールにはそもそもないという人もいると思います。

スポンサーリンク


その気持ちはよくわかるのですが、高設定の見つけ方についてはまた別の記事で書いていこうと思うので、お待ちください。

千円でBIGを引いて即辞めが勝てないもう一つの理由


それは「換金ギャップ」です。等価の地域の人はさほど気にしなくていいのですが、今全国的に非等価の流れが広まっているので、自分の近くの店が非等価だと言う人も多いのではないでしょうか?

そうなってくると大事になってくるのが持ち玉比率でいかに「現金を使わずに持ち玉(持ちメダル)で回すか」が重要になってくるので、

初心者がよくやりがちな千円でBIGを引いて即辞めはやればやるだけ数百円ずつ損していくのです。

また、自分は等価の地域だから関係ないと思った人も換金するときに端玉などで無駄に飲み物を交換したりしている人が多いと思います。

なので、地域の貯玉再プレイ上限にもよりますがなるべく端玉または出玉は貯玉して出来るだけ現金を使わないようにも意識してみると収支も少しずつ上がって行くと思います。

ここまで色々と書いてきましたが、上記の通り1000円でビッグを引いたら即辞めが「良いジャグラーの付き合い方である」という理由について

どういう事かというと大体の負けている人は低設定を何時間も打ってしまい、負けがどんどんかさんでいってしまいます。

その点千円で、BIGを引いて即辞めをすれば低設定を打つ時間も短く済むので大負けすることが少なく場合によっては月単位でプラスになる事もあります。

ただここで注意しないといけないのはたまたま運良くBIGを引いて連日勝つことができたからといって、調子に乗っているといつか痛い目にあうということを忘れずに、、、

なので、ジャグラーが好きで好きでたまらないけど「長時間うって負けてしまうという方」や、「初心者の方」は実践時間を少なくするという意味で有効な場合もあるかもしれません。

結論


ここまで書いてきたが、要点をまとめると千円でBIGを引いたら即辞めは勝つという観点から見ると

設定面の部分」や「換金ギャップ」から考えるとこのやり方は有効ではないが

負け額を減らしたい方」や「初心者の方」には有効である場合もある。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください